ビジネスフォンの接続方法

ビジネスフォンの接続方法

複数の回線を、複数の電話機から利用することができるビジネスフォン。このビジネスフォンは、どのように接続されているのでしょうか?ビジネスフォンには、「スター配線型」という接続方法と、「バス配線型」という接続方法があります。

スター配線型接続方法では、ビジネスフォンの元となる主装置を中心としてビジネスフォンを星のような形に配線していくものとなっています。このスター配線接続方法では、複数の尾配線から電話機がつなげられていることから、ひとつの回線に支障が出ても、他の回線への影響を防ぐことが可能となります。ビジネスフォンの設置の際に、使用するビジネスフォンの数だけ配線を用意する必用が生じてきます。しかし、より安心してビジネスフォンを利用するためには、スター配線型を利用することにより、より安定した接続を実現することができるのです。

複数の回線が生じるスター配線型では、主装置からビジネスフォンに直接つなげる方法となっています。つまり、ひとつの回線で電話がつながっていることから、回線に支障が起きると、全ての回線にトラブルが生じるということになります。ただし、ケーブルひとつでビジネスフォンを設置することができることから、手軽さでいうとスター型よりは簡単にビジネスフォンを導入することができます。

    Copyright(C) ビジネスフォン導入ガイド All Rights Reserved.