ビジネスフォンをリースする際の注意点

ビジネスフォンをリースする際の注意点

オフィスにビジネスフォンを導入するにあたり、リースを利用してビジネスフォンを導入するという方法があります。リースをしてビジネスフォンを導入するということは、商品を購入することなくビジネスフォンを導入することができるというメリットがあります。また、定期的なメンテナンスや、万が一の故障やトラブルでも、リースであればいつでも対応してもらうことができることから、安心してビジネスフォンを利用することができるのです。

ただし、ビジネスフォンをリースするにあたり、幾つか気をつけなくてはいけない点もあるのです。まず最初に、ビジネスフォンをリースすると、リース契約期間内は、リースの解約をすることができません。例えば5年のリース契約をしている時に満2年で解約をしたいという場合。このような場合には、解約をすることにより、残りの3年のリース料金を違約金として支払う必要があるのです。また、リースによっては、後から電話機を追加したくても、契約期間の途中では変更することができない場合もあるので、最初に契約する際に確認しておく必要があるのです。
リース期間が終了した際には、電話機を返却しなくてはいけないということも覚えておく必要があります。契約が終了した後もビジネスフォンを利用したいという場合には、引き続き契約をするという方法もひとつの手段です。

    Copyright(C) ビジネスフォン導入ガイド All Rights Reserved.